食品流通を知る株式会社いずみホールディングス

日本の社会を支えているのは間違いなく農業・畜産業・水産業です。
江戸時代から武士の次に身分が高いとされていたこれらの関係者は、今もなお日本の食卓を支えています。
農業の潤滑な促進を担っているのは食品流通です。
その食品流通の世界では、今どのような企業が注目されているのでしょうか。

北海道の水産卸売や畜産卸売、農産卸売でトップシェアを誇っている株式会社いずみホールディングスは、そこで培ったノウハウを生かして日本の食品流通のインフラを再構築しようとしています。
これが成功することによって、生産者の所得が向上するだけでなく、食卓の食費も半分になるという計算も出ているほどです。
そのため、株式会社いずみホールディングスには多大な期待が集められています。

株式会社いずみホールディングスの進めている食品流通の最適化は様々な事業に参入していることによって成功する事業です。
物流やプラットフォームの事業展開をしていることも大きく関係しています。
そして、それらはこれからの日本を支えていくと予想されているのです。

「食品流通のOSをつくる」 最先端Techで成熟した業界を最適化 | INOUZTimes