物件売却の買取保証システムとは何ですか?

物件の売却方法には仲介があります。
仲介による物件売却の流れに関しては、ウェブサイトの不動産売却カウンセラーをご覧ください。
仲介は、物件を売りたい方が不動産会社と媒介契約交わし、不動産会社が購入者を広告などにより募り、購入希望者に物件を売却する方法です。
買取保証システムは、一般媒介契約以外の媒介契約を不動産会社と交わし、まず通常の仲介の流れと同じ販売活動を行ないます。
その後、一定期間内に買い手がつかなかった場合、査定額の一定割合の価格で不動産会社が買い取るしくみのことを買取保証システムといいます。
一定割合の価格と述べましたが、どの程度の割合になるかは業者によって異なります。
多いのは査定額の80%前後とされています。

買取保証システムは、仲介の買い手がつかないまま時間だけが過ぎていくというリスクを回避するのに有効です。
査定額よりは売買金額は安くなってしまいますが、いつまでも売れないままになることがなく、確実に売れることがわかっているため、安心して仲介をお願いすることができます。
買取保証の金額は契約書などに書かれているため、しっかりと確認しましょう。
また、買取保証システムの有無自体、業者によって違ってきますので、この点も忘れずにチェックします。
希望する方はたとえば物件売却の一括査定を利用した際に買取保証システムの有無を確認し、媒介契約を交わす際に書面に金額が記載されていることを確認した上で契約に踏み切ると、業者とのトラブルの回避につながります。

分かりやすい!理解できる!特定の交換分合により土地等を取得した場合の特例 | 不動産売却のカウンセラー ~なんでも相談室~